FC2ブログ

10月14日 チゴハヤブサ

10月14日 今日のチゴハヤブサ

お昼過ぎ、とうとう雨が降り出しました。
暫くすると止んだのですが、時折霧雨程度が落ちる空模様。

迷いましたが、チャンスは短いと夕方のチゴハヤブサ狙いを敢行。
すると、今日は直ぐに、それも少なくとも3羽が乱舞。
中には、何かを捕らえて、飛びながら食べている個体も。

やはり小雨曇天で、相変わらずのボケボケですが、乱舞が嬉しくアップします。

チゴハヤブサ1

チゴハヤブサ2

チゴハヤブサ3

チゴハヤブサ4

チゴハヤブサ5

チゴハヤブサ6

チゴハヤブサ7
スポンサーサイト



10月14日 リュウキュウムラサキ

10月14日 リュウキュウムラサキ

昨日、不明蝶としてアップした蝶が、今日も姿を見せてくれました。
不明蝶2
昨日は背面真っ黒で白斑3個に見えて、「ナニコレ??」だったのですが。
今日、明るい所では、見事に白斑周りに瑠璃色が浮かび上がりました。
きっと、光の加減だったのですね。

なので、昨日調べたリュウキュウムラサキと判明しました。
本当に綺麗ですね。

このリュウキュウムラサキ。
日本での分布は八重山列島や沖縄周辺で、飼育以外は本土での定着は確認されていないみたいです。
環境省生物多様性センターHPで確認した所、今まで沖縄は勿論、九州・四国・紀伊半島(三重・和歌山)・山形で報告が上がっていましたが、静岡での確認報告はありませんでした。(あくまで生物多様性センターへの報告事例です)
図鑑では、台風等により運ばれ、迷蝶として日本各地で記録があがっているとの事。

きっと、先日の台風19号で、沖縄地方から飛ばされてきたのでしょうね。
でも亜種として、大陸型・フィリピン型・台湾型などがあるようで、ひょっとすると海外由来かもしれません。
台風の進路から考えて、その可能性も考えられますね。

羽裏紋様から「不明蝶1」も、きっとリュウキュウムラサキではないかと。
どうやら「赤斑型」と言う亜種もあるみたいです。

リュウキュウムラサキ1

リュウキュウムラサキ2

リュウキュウムラサキ3

リュウキュウムラサキ4

リュウキュウムラサキ5

10月14日 ツバメ

10月14日 ツバメ

今年も、我が家で3家族が合計20羽ほどの子育てを終えたツバメ達。
巣立ち後、暫くすると忽然と姿を消してしまいます。

今日、我が家周辺に、多くのツバメ達が帰ってきました。
電線にも盛期を髣髴とさせるツバメ達。

この中に、我が家巣立ちの子達も居るのかな?
きっと、渡去前に挨拶にきてくれたんだな、と勝手に物語を作って感慨にふけっていました。
来年、無事に戻ってきてね。

ツバメ1

ツバメ2

10月14日 キセキレイ

10月14日 キセキレイ

この時期、キセキレイが山奥に入ります。
今日も、林道沿いに姿を現しました。

キセキレイ1

キセキレイ2

10月14日 ノスリ

10月14日 ノスリ

今日は、午後から雨予報。
普通、台風一過は暫く晴れが続く筈なんだけどな~と思いながら、雲間から晴れ間ものぞく林道へ。
ノスリが2羽、何だか喧嘩をしているようでした。

ノスリ1

ノスリ2

ノスリ3
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです