FC2ブログ

2月25日 ルリビタキ

2月25日 ルリビタキ

ルリビタキも居ました。

アカゲラ同様に見る事が無くなり、既に移動してしまったのか?と思っていたのですが・・・
単に、開けた場所に出てこなくなっただけのようです。

このオスは、一生懸命メスを追いかけていて、繁殖準備に入ったのでしょうか。
何だか羽色が濃くなったような?

メスを追いかけるのは、魚類も鳥類も、そして我々哺乳類も同じだな、と改めて感心した次第です。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5
スポンサーサイト



1月31日 ルリビタキ

1月31日 ルリビタキ

毎回毎回、しつこくて誠に申し訳ありません。
今回もルリビタキです。

今日も、目の前の地面に出てきて、一生懸命餌を探していました。
結構近づいても逃げる事なく夢中で餌を探しており、色々な姿勢で美しい姿を披露してくれました。

しつこいですが、あと少しだけお付き合いをして頂ければ幸いです。
ルリビタキギャラリーです。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビタキ9

ルリビタキ10

ルリビタキ11

ルリビタキ12

ルリビタキ13

ルリビタキ14

ルリビタキ15

ルリビタキ16

ルリビタキ17

ルリビタキ18

ルリビタキ19

ルリビタキ20

1月29日 ルリビタキ

1月29日 ルリビタキ

昨日の雨風が嘘のように、今日は朝から無風晴天。
本当に気持ちの良い一日になりました。

連続投稿となってしまいますが、林道ではルリビタキが相変わらずの綺麗な姿を見せてくれました。
しかし、前回も書きましたがハゼの実が坊主になった今、決定的に動きが変わりました。

今までのハゼの木上部での動きではなく足元中心に・・・
従って、腹を見上げる構図ではなく、背部の瑠璃色を見下げる事になるために、より綺麗に撮れるようになりました。
観察にも注意が必要で、視線を足元に向けていないと、気付かずにチャンスを逃してしまう事になってしまいます。

過去の記録を見返しましたが、やはり渡来当初はカラスザンショウを好んで食べていて、カラスザンショウが少なくなるとハゼに移行。ハゼも少なくなると、今度は地上に落ちている実を食べにくると言うパターンが、繰り返されているようです。

3月下旬から4月初旬の渡去まであと少し。
気を付けながら観察したいと思います。今年は暖冬で、多少早まるかもしれませんね。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビtキ9

メジロも一緒に・・・
メジロ

1月24日 ハゼの実とルリビタキ

1月24日 ルリビタキ

前回観察時、大盛況だったハゼの実食堂。
今日、見に行くと、ほぼ売り切れの丸坊主状態。
ありゃりゃりゃ・・・

既に、この林道で確認しているハゼの7割近くが、食べ尽くされてしまい丸坊主になってしまいました。
これじゃ、もう出てこないかな?

でも、良く見ると複数羽のルリビタキが、とっかえひっかえ出てきては、地面に落ちているハゼの実を食べに来ていました。
時に、メス同士、またオスとメスが追いかけ合いながら。
あたかも遊んでいるかのように。

雨上がりの林道で楽しげに飛び回るルリビタキに、心が癒されました。

前回、未だ多く残っていたハゼの実が、今日は・・・・
ルリビタキ1

盛んに飛び回り、地面に落ちている実をついばむルリビタキ
ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビタキ9

ルリビタキ10

ルリビタキ11

ルリビタキ12

1月11日 ルリビタキ

1月11日 ルリビタキ

今日は、晴れ、曇り、雨、晴れと忙しい天気。
実は昨日10日、久しぶりに地元野鳥クラブの先生方がいらっしゃり林道で探鳥をされました。
主にルリビタキを目的とした探鳥だったのですが、残念ながら当日はオスの姿を捉える事が出来なかったとの事。

何か動きが変わったのかな?と今日見に行った所、いつもの定点から少し離れた場所に姿を現してくれました。
今年も4月初旬までは姿を見せてくれると思いますので、懲りずに又探鳥にいらしてください。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビタキ9
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです