FC2ブログ

7月9日 アオバズク

7月9日 アオバズク・・・巣立ち

今日も雨。
既に探鳥も諦めていたのですが・・・

野鳥クラブのOさんから、継続観察していたアオバズクの幼鳥が出てきたと連絡がありました。
運よく雨も止んでいて、お言葉に甘えて見に行かせて頂きました。

当初、なかなか見つける事が出来なかったのですが、結果なんとか親鳥2羽と幼鳥2羽を見る事が出来ました。
今までペアでの確認実績は無く、もちろん巣立ち幼鳥も見た事はありません。
未だ白い産毛を纏った2羽の幼鳥が、じっとこちらを見ていて感動です。

Oさんによると、巣立つと直ぐに山に入って見る事が出来なくなるとの事なので、見る事が出来てラッキーでした。
Oさん、本当に貴重な経験をさせて頂き有難うございます。

但し、親子同じ画に収めたかったのですが、枝葉が邪魔で一緒の写真を撮る事が出来なかったのが残念でした。

未だ産毛を纏った幼鳥2羽
アオバズク1

アオバズク2

親鳥のペア 後ろのメスは隠れてしまいました
アオバズク3

画面左上に、幼鳥の脚だけ。体は枝葉に隠れてしまって。
アオバズク4


スポンサーサイト



5月25日 アオバズク

5月25日 アオバズク

今年も、アオバズクは来てくれているかな?
いつもの神社に行ってみました。

最初は見つからず、あれ?と思って上の方を見ると、居ました居ました。
今年も、ちゃんと戻ってきてくれていました。

枝葉に隠れる様に止まっていたため見つける事が出来ず、また何とも残念な絵面になってしまいましたが、そこはご愛嬌。
一安心です。

ここのアオバズクは毎年、1回限りの探鳥と決めています。
例年、成長過程を追っている方がいらっしゃるので、お邪魔にならぬようにする為です。
今年も無事に繁殖に成功してくれる事を願うばかりです。

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

5月7日 アオバズク

5月7日 アオバズク

GW明け。
今日は午前中から小学校のボランティアで久し振りの登校。

その登校の道すがら田んぼに寄り道するも、やはり旅鳥は不発。
その他、毎年、この時期に確認出来ているコムクドリなども、未だ出会えぬまま。

もう、今年はダメかな?と・・・
そんな中、ふと思い出したアオバズク。
今年は来ているかな?と、いつもの神社へ。
すると、しっかり姿を見せてくれました。
やっぱり来ていたんだ。感激。

本当に、毎年毎年必ず帰ってきてくれる事に感謝感謝です。
ありがとー!!

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

5月24日 アオバズク

5月24日 アオバズク

昨年、地元野鳥クラブの方に教えて頂いた神社へ。
毎年、定期的に観察しておられるとの事で、お邪魔してはいけないと昨年は最初に確認以降足を運ぶ事はありませんでした。
しかし、その後ペアの1羽が交通事故で命を落としたとの衝撃的なお話を聞きました。

今年は・・・
心配していたのですが、しっかり戻ってきてくれていて一安心。
でも、この1羽しか見つけられず。
既に洞で抱卵中なのでしょうか?

無事に子供が巣立つ事を祈りつつ、今年もこれで観察を終了です。

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

アオバズク4





5月16日 アオバズク

5月16日 初見アオバズクです。

居るのは分かっていても見つけられなかったアオバズク。
毎年夏になると意識して探していたのですが、定点観察林道では不発で落胆の繰り返し。

今回、地元野鳥クラブの方からポイントをご教授頂きやっと願いが叶いました。
それも2箇所で。
本当に貴重な姿を観察させて頂き有難うございました。
次はなんとか自力で探そうと思っています。

それと、樹芸研究所の方に見せて頂いたオオコノハズクの写真。
次の目標です。何年先になるか分かりませんが・・・

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

アオバズク4

アオバズク5



プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです