FC2ブログ

10月2日 サシバ

10月2日 サシバ・・・再び

今日は仕事。
10月とは思えないほど暑くなり、汗だくになった体で帰宅し車を降りた瞬間、頭上を低空で飛ぶ影。
今日は車にカメラ・双眼鏡を携帯していたため、即座に確認するとサシバ。

先日、渡りと思われる状況を目の当たりにしたため、今年はもう出会えないかな?と思っていたので、再びの、それも低空での出会いに感謝です。

また、このサシバは絶滅危惧Ⅱ類の希少種。
何気に見ていますが、姿を見せてくれる事にも感謝をしなくては。

サシバ1

サシバ2

サシバ3

サシバ4

サシバ5
スポンサーサイト



10月1日 サシバの渡り?

10月1日 サシバ

午前中の探鳥終わりに何気なく空を見上げると、上空高くに5羽の鳥が悠々と・・・
双眼鏡で見てみると、どうやらサシバのよう。

互いにじゃれ合うように、遊んでいるかのように。
でも、5羽は離れる事無く、何かに導かれるように石廊崎方向に南下。

今まで、これだけまとまって飛んでいる姿を見る事はありませんでした。
本州では夏鳥のサシバ。
きっと渡去の最中なのでしょうか?
来年の春までお別れですね。

サシバ1

サシバ2

サシバ3

サシバ4

サシバ5

サシバ6

サシバ7

9月5日 サシバ

9月5日 サシバ

今日は買い物ついでに川を見てみようかと・・・
玄関を出ると、山の向こうに悠々と飛ぶ影。

最初はトビかと思っていたのですが、双眼鏡を覗くとサシバでした。
こちらも、あと少しかな?

サシバ1

サシバ2


サシバ3

サシバ4

サシバ5

6月16日 サシバ

6月16日 サシバ

昨日からの梅雨の大雨で、全ての予定が狂ったこの土日。
仕方ないので、朝から林道へ。

サンコウチョウは昨日の雨風で大丈夫かな?と見に行くと、巣の少し手前で突然大きな猛禽が飛び出し、近くの枝に・・・
慎重に双眼鏡で覗くとサシバでした。

実は一昨日もこの場所で、飛び立つサシバを目撃しており、今日は何とか写真を撮ることが出来ました。
手前の桜の枝葉が邪魔をして鮮明には撮れませんでしたが、止まっている姿を見るのも撮るのも初めてで、嬉しい一日になりました。
でも、連日目撃するこの状況、何かあるのでは?と飛び出した周辺を探すと、枯れ木の枝に不自然に積まれた小枝の山。
ひょっとすると、巣を作っている最中なのでしょうか?
でも、この場所は林道から20m程。サンコウチョウの巣までも30m程で、いつもサンコウチョウを観察する定点からも丸見え。
たまに、お散歩の人や軽トラも通る場所にあるので、これでは安心して子育てを出来ないのでは?と心配してしまいます。
取りあえず今日はサンコウチョウの腰を据えた観察は止めて、数枚の写真だけを撮って早々に引き上げました。
今後、注意して経過を観察しようと思います。

サシバ1

サシバ2

サシバ3

これは巣なのか、偶然なのか???
サシバ4

部落の草刈りの騒音を耐えたサンコウチョウ。今日はオスが抱卵していました。
サンコウチョウ1

5月27日 サシバ

5月27日 今、上空で・・・サシバ

いつもは直ぐに森に入ってしまうのですが、今日は手前の農園でずっと上空を見上げて。
森に入ると分からない、上空にはいったい何が・・・
との理由からです。

待つ事数分、直ぐにサシバのペアが姿を現しました。
一羽が足で何かを掴んでいる?
良く見ると木の枝のよう。
巣作りの最中なのですね。
ちょっと遅い様な気がしますが・・・

サシバ1

サシバ2

サシバ3

サシバ4

サシバ5

サシバ6

サシバ7
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです