FC2ブログ

7月22日 オオルリ

7月22日 オオルリ幼鳥

キビタキを見てそのまま待っていると、声も無く突然何かが飛び出してきて、近くの枝に止まりました。
最初はキビタキの幼鳥と思い、写真を撮ってモニターで良く見ると、尾羽と翼の一部が既に瑠璃色に変わったオスのオオルリ幼鳥でした。

今年、林道で巣材を運ぶメスを見ているので、近くに営巣子育てをしていた事は分かっていたのですが、無事に巣立ちを迎えた事が確認され嬉しい限りです。

毎年幼鳥は見られるのですが、8月に入れば更に瑠璃色が広がって翼・尾羽全体が青く変わり、頭部と腹だけに幼羽が残った個体が見られるでしょう。

オオルリ1

オオルリ2
スポンサーサイト



5月7日 オオルリ

5月7日 オオルリ

ヒレンジャク。
未だに居ます。
今日も、残っているサクランボを食べに来ていました。

贅沢な話ですが、こう毎日見る事が出来ると飽きが来てしまい・・・
なので、今日は再びサンコウチョウとの出会いを求めて山へ。

結果、サンコウチョウの声は未だ山に響かず。
あと少しの辛抱なのでしょうか?

代わりにオオルリが慰めてくれました。
盛んに毛虫を食べながら。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3

オオルリ4

オオルリ5

オオルリ6

5月3日 オオルリ

5月3日 オオルリ

そしてオオルリも。
先日、営巣準備を確認した同じ場所に、再びオスが現れてくれました。

最後のメスは前回とは場所も違い、かなり下った沢で水浴びをしていた個体なので、恐らく別の個体だと思います。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3

オオルリ4

5月1日 オオルリ

5月1日 オオルリ

今日も、トボトボ歩いて林道へ。
何か居ないかな?と思って歩いていると、何かが道に降りてチョコチョコと。

暗くて何者か分からず、何となくキビタキのメスかな?と思って撮っていると、直ぐ脇にオオルリのオスが登場。
盛んに尾羽を振って、そのメスと思われる個体の傍を飛び回っていました。
それで、路上の個体はオオルリのメスで、恐らく巣材を集めている最中なんだろうなと。

毎年の事ですが、巣材集めをするのはメスの仕事。
オスは、その周りの警備係。
その証拠に、メスが巣材を持って飛び去った後、突然大きな声でオスが何者かを追い回している姿が。
きっと、侵入者が縄張りを侵して入ってきた様です。

この事から、このポイント近くで営巣をしているのは確実。
放棄しなければ、今後も綺麗な姿が見られる可能性が。
期待大です。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3

オオルリ4

オオルリ5

オオルリ6

オオルリ7

オオルリ8

オオルリ9

オオルリ10

オオルリ11

オオルリ12

4月24日 オオルリ

4月24日 オオルリ

その今季初見のオオルリ。
木の葉の影に入ってしまって、全くの逆光状態と正面からの画で、美しい瑠璃色は全く捉える事が出来ませんでした。

何とか発色良く綺麗に撮りたい。
と言っても相手は野鳥。
モデルさんの様に、こちらの思い通りのポーズをとってくれる訳ではありません。

毎年この鳥には苦労をします。
これからひと夏、態勢と光の強さ、方向・角度との戦いが始まります。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです