FC2ブログ

2月12日 南伊豆の春

2月12日 南伊豆は春真っ盛り

最近、親戚や仕事関係の方の泊りがけの来訪で、全く探鳥が出来ない状況に。
また、年度末の事務処理も重なり・・・

今日も、朝からパソコンとにらめっこ。
いい加減に疲れてしまいました。
そこで、ゆっくり山に入る時間も無かったため自宅前での探鳥。
我が家の周りには、どんな鳥達が来ているかな?

自宅周辺は、桜や菜の花が咲き誇り春真っ盛りです。
鳥達も、そんな春を謳歌しているようでした。

ヤマガラ・・・自宅裏に真っ先に姿を見せてくれました
ヤマガラ

ツグミ・・・ツグミは地面に降りて餌探し
ツグミ

ルリビタキ・・・このメスは今年、自宅裏に頻繁に姿を見せてくれています。
ルリビタキ

ビンズイ・・・お向かいさんの庭に降りて餌探し
ビンズイ

ノスリ・・・上空では、ノスリが低空飛行
ノスリ

ジョウビタキ・・・毎日のように姿を見せてくれます
ジョウビタキ

ヒヨドリ・・・桜を独り占め。他の鳥が来ると、大きな声を上げて追い払います。嘴がまっ黄黄。
ヒヨドリ

メジロ・・・桜の蜜を吸いたいのに、ヒヨドリに追い払われてしまいました
メジロ

河津桜・・・桜まつりが始まったばかりなのに既に満開です。花見は急いだ方が良さそうです。
河津桜

スイセン・・・可憐に咲き誇っています
スイセン

菜の花・・・桜の下には、菜の花が満開です
菜の花

ユリ・・・我が家のユリ。暖冬で狂い咲き?
ユリ
スポンサーサイト



1月20日 ハゼの実食堂

1月20日 ハゼの実食堂 大盛況

ここにきて、特筆するべき変化は何もなく。
毎回、同じ姿を記事にする事への躊躇から、ブログアップを控えていました。

実は、本日も同じ状況だったのですが、ふとハゼの実を見ると約半分位の木は食べ尽くされて丸坊主に。
そこで、どんな鳥が食べに来ているのかと固定観察をすることに。

今更ながら多くの種類が食べに来ている事が分かり、ハゼやカラスザンショウといった実が、多くの生態系を維持する事に、非常に重要な役割を果たしている事が分かりました。
これからも大切にしないといけませんね。

ツグミ
ツグミ

アオゲラ・・・ちょっと逆光になってしまいました
アオゲラ

ルリビタキ オス
ルリビタキオス

ルリビタキ メス
ルリビタキメス

シジュウカラ
シジュウカラ

ヤマガラ・・・食べる瞬間は逃してしまいました
ヤマガラ

アカゲラ・・・直接食べに来た訳では無く、ゲストとして近くに・・・
アカゲラ

コゲラ
コゲラ

リュウキュウサンショウクイ・・・食べに来たメジロ・シジュウカラの群れに混群していました
リュウキュウサンショウクイ

シロハラ
シロハラ

メジロ・・・ヘビーユーザー、最も頻繁に食べに来ます。客単価も高いです
メジロ

シメ・・・来ている事に気付かず近寄ってしまって、谷向かいに飛び立ってしまいました
シメ

1月4日 新年の山

1月4日 あけましておめでとうございます。
年が明け、新たな気持ちで山に入りましたが・・・

ウソを除いて、相変わらずの山の様相です。
今後に期待します。

アカゲラ・・・毎回、挨拶に来てくれています。
アカゲラ

ルリビタキ・・・既に常連さんの仲間入りです。
ルリビタキ

ルリビタキ

ツグミ・・・実は今季初掲載です。
ツグミ

シロハラ・・・今までハゼの実に来る事は無かったのですが、最近よく食べにきます。他の餌が少なくなり、ハゼへの依存度が高くなってきたのでしょうか?
シロハラ

12月28日 年末の山

12月28日 南伊豆の年末の山で

今日は、晴れたり曇ったり、おまけに小雨まで、忙しい山でした。

年末の山では、特に新しい発見は無かったものの、色々な鳥達が姿を見せてくれました。
そこで「今、南伊豆の山では、こんな鳥達が居ますよ~」ギャラリーで、一年を締めくくりたいと思います。

アオゲラ・・・アカゲラの出現で影を潜めた形ですが、元気に姿を見せてくれています。
アオゲラ

アカゲラ・・・オスメス、毎回ハズレ無く姿を見せてくれます。
アカゲラ オス

アカゲラ メス

イカル…先日から姿を見せるようになりました。毎日、同じハゼの木に集まります。
イカル

カケス・・・毎日ギャーギャー鳴いていて、すぐに分かります。
カケス

ミソサザイ・・・新しい発見、普段は静かな沢沿いで、囀りの声を聞かせてあげると、鳴き返してくれます。本当に透き通った歌声です。今日は余りにも近くに出てきてしまい、ボケボケでした。
ミソサザイ

リュウキュウサンショウクイ・・・ピリリピリリ、毎日声を聞きます。
リュウキュウサンショウクイ

ルリビタキ・・・こちらもハズレ無く、毎回、その美しい姿を見せてくれます。
ルリビタキ オス

ルリビタキ メス

伊豆と言えば綺麗な海。
特に、探鳥で有名な場所ではありませんが、見落とされている山にもたくさんの鳥やその他動物達が姿を見せてくれています。
今回の記事には無い、常連の留鳥たちも。

今度、伊豆に旅行にいらした際は、ちょっと目先を変えて双眼鏡やカメラを持って、里山をぶらりと探索してみてください。
楽しい発見があるかもしれませんよ。

7月7日 七夕の山

7月7日 七夕の山で・・・

サンコウチョウ
梅雨の長雨で暫く観察に行けなかった巣。ほぼ一週間ぶりに見に行くと姿が見えない。
もう、孵化していてもおかしくないのですが、待てど暮らせど巣に戻ってくる気配無く・・・
本当に残念ですが、どうやら巣を放棄してしまったみたいです。
一体何があったのか?
でも、諦めきれずまっていると、少し離れた所で声が聞こえて、何とか姿を見せてくれました。
サンコウチョウ

キビタキ
相変わらず愛らしい姿を見せてくれました。
キビタキ

アオゲラ
久しぶりに姿を見せてくれました。
声は頻繁に聞こえるのですが、やはり夏は繁った枝葉に邪魔されて・・・
アオゲラ

ツバメ
探鳥の帰りに、近くの農園で。
まだ巣材を集めているツバメがいました。
補修材料なのでしょうか?
ツバメ
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです