FC2ブログ

8月17日 サンコウチョウ

8月17日 サンコウチョウ

キビタキとの出会いを終えて、さて、お昼ご飯と林道を下ると、少し下った所で今年聞き慣れたサンコウチョウの声。
既に「ホイホイ」は聞くことが出来なくなりましたが、「グェ・グェ」とぐぜるような声。
それも、複数の群れ。少なくとも4羽は確認出来ました。

写真を撮ると、どうやら若鳥も居る様子。
幼羽からの換羽途中なのでしょうか?乱れ髪のような・・・

今年、この林道で3ペアを確認していましたが、今回のペアは声はすれど姿を見せてくれなかったため、更に林道を上った別の2ペアをずっと観察していました。
そのペアは何回か巣を放棄して、どうやら今年繁殖に失敗したようでした。
残念に思っていたのですが、この1ペアが繁殖に成功したのであれば、とても嬉しい事です。
来年もまた、ここに戻って来てくれる事を願っています。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4
スポンサーサイト



7月28日 サンコウチョウ

7月28日 サンコウチョウ・・・遅かった~

7月24日に、頭が薄くなった?オスをアップし、坊主頭になる前に急がなきゃと書いたのですが・・・
遅かった~!!

今日、出会ったオスは既に丸坊主。
恐らく24日アップの個体とは別の、以前動画で巣作りをアップし、その後放棄してしまった個体なのですが、既に尾羽や冠羽が抜け落ちていました。
メスは殆ど変化は無いのですが、このオスの変わり様。

メスも姿を現して、一緒に行動していましたが、幼鳥の姿は何処にもありません。
恐らく、今季繁殖に失敗して、いち早く換羽を始めたのかもしれません。
でも、多少の差はあれど、間もなくどのオスもこんな姿になります。

尾羽が長い綺麗な姿は、来年5月まで見る事は出来ません。
サンコウチョウの繁殖の夏は終わりました。
本当にお疲れ様でした。

毎年この時期、その長い尾羽が落ちていないかな~と、道すがら探すのですが広大な森の中。
見つかる訳ないですね。

在りし日の同個体。綺麗ですね。
サンコウチョウ1

それが今・・・
サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5

メスは殆ど変化無く
サンコウチョウ6

サンコウチョウ7

サンコウチョウ8

7月24日 サンコウチョウ

7月24日 サンコウチョウ

久し振りのサンコウチョウです。
でも、良く見ると頭が薄くなっているような・・・?

間もなくオスは冠羽と長い尾羽が抜け落ち、コバルトブルーのアイリングが消失してしまいます。
丸坊主のみすぼらしい姿に。
そうなる前に、綺麗な姿を残しておかねば・・・。

メスは相変わらずセミを捕まえて。
この時期、本当に良くセミを食べているみたいです。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5

サンコウチョウ6

7月13日 サンコウチョウ

7月13日 サンコウチョウ

今日は午後から雨予報。
急がなきゃと、午前中山へ。

今、山はマンネリ気味。
でも、間もなくセンダイムシクイが姿を現す頃。
もう来てないかな?と探すも不発。

そんな中、サンコウチョウは大きな声と姿を披露してくれました。

メスが目の前に突然現れて・・・
サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

オスも現れ、冠羽を逆立て大きな口を開けてホイホイホイ
サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

続き、再びメスがセミを咥えて・・・「どうだ、凄いだろ!」と言わんばかりの自慢げな顔
サンコウチョウ5

6月26日 サンコウチョウ

6月26日 子育て・幼鳥 サンコウチョウ

サンコウチョウは相変わらず、雌雄交代しながら抱卵しています。
具体的な産卵日は不明ですが、少なくとも6月10日以降の産卵なので、早ければ間もなく3週間。

そろそろ孵化しても良いのでは?と期待しています。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです