FC2ブログ

7月13日 サンコウチョウ

7月13日 サンコウチョウ

今日は午後から雨予報。
急がなきゃと、午前中山へ。

今、山はマンネリ気味。
でも、間もなくセンダイムシクイが姿を現す頃。
もう来てないかな?と探すも不発。

そんな中、サンコウチョウは大きな声と姿を披露してくれました。

メスが目の前に突然現れて・・・
サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

オスも現れ、冠羽を逆立て大きな口を開けてホイホイホイ
サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

続き、再びメスがセミを咥えて・・・「どうだ、凄いだろ!」と言わんばかりの自慢げな顔
サンコウチョウ5
スポンサーサイト

6月17日 サンコウチョウ

6月17日 サンコウチョウ

サンコウチョウ、相変わらず抱卵をしています。
但し、いつ見ても頭を奥に、尾羽を手前にして抱卵しているため顔が見えず尾羽だけの観察に。

なので、抱卵交代で餌を求めて飛び回るチャンスを狙いました。
特に警戒する事無く、綺麗な姿を披露してくれました。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5

6月3~4日 サンコウチョウ どうやって巣を作るの?

6月4日 サンコウチョウはどのようにして巣を作るのでしょう?

6月3日、観察林道で新たな巣を見つけました。
オス・メス協力して一生懸命巣を作っていました。

あの、お椀型の巣はどの様にして作るのか?
かねてからの疑問を解消するべく、2日間に渡って観察してみました。
その結果、主な巣材は杉やヒノキなどの樹皮のようです。
サンコウチョウが針葉樹・広葉樹の混交林を好む理由がここにあるのかと納得。
そして、次に重要なのがクモの巣だと分かりました。

観察していると、時に下藪の中に入って盛んに動き回り、出てくる時には口に白い糸(棉)状の物を咥えています。
それを巣に持ち帰り、嘴や喉を擦り付けるように巣に付けているのが分かりました。
恐らくクモの巣を接着剤代わりにしていると思われました。
特に編み込んでいる様子も見られませんでした。

杉、クモの巣。
誰に教わる事無く、自然の産物を上手に利用して・・・
本当に感心しました。

(動画を良く見ると、口にクモの巣を咥えて擦り付けている状況が分かります)

巣の全容
サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

時に地面近くの下藪に入り込み、クモの巣を集めて・・・
サンコウチョウ3

杉の樹皮も集めて・・・
サンコウチョウ4

サンコウチョウ5

クモの巣を上手に接着剤代わりにして新居を建築中。
[広告]

6月2日 サンコウチョウ

6月2日 サンコウチョウ

今日もサンコウチョウは綺麗な姿を見せてくれました。
でも、不思議な事が・・・

今日のサンコウチョウは、巣作りをしていたペアとは違う場所での観察だったのですが、確認出来ただけでも5羽の群れで行動していました。5羽で集まり、グジュグジュ・グジュグジュとぐぜりながら飛び回り、何か遊んでいる様に感じました。

この時期、ペアにならずに群れで行動するのもアリなのでしょうか?

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5

サンコウチョウ6

サンコウチョウ7

サンコウチョウ8

6月1日 サンコウチョウ動画

6月1日 サンコウチョウ動画

今日は、記録に残そうと動画を撮りに。
前回も書きましたが、ここは超危険な場所。

まずは来週の日曜日に、部落一斉の草刈りがあります。
大勢がエンジン草刈り機を持ち、この巣の真下を作業します。

また、いつカラス、トビの大群が押し寄せる事か・・・。

無事を祈るばかりですが、取りあえず令和初年の巣作りを記録に残します。

[広告]




プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです