FC2ブログ

8月10日 ツミ

8月10日 ツミ

成果乏しく、落胆のまま山を下り我が家に近づくと、突然何かが目の前を横切り、離れた木の枝に止まりました。
最初は何者か分からず、望遠で覗いてみるとツミでした。

正直、真夏の南伊豆でツミを見るのは初めてでした。
目にするのは冬ばかり。
きっと漂鳥のように、夏は南伊豆を離れて、標高の高い所へでも行っているのかな?と思っていたのですが・・・。

やっぱり居たんだな・・・と。
モズ等と同じように、夏は開けた所に出る事無く、森の奥を生活圏にしているのでしょうか?

それにしても日本最小の猛禽。
葉っぱの大きさと比較しても、その小ささが分かります。
また、意外と足が長いんだな、とも思いました。

ツミ1

ツミ2

ツミ3

ツミ4

ツミ5

ツミ6

ツミ7
スポンサーサイト



11月22日 ツミ

11月22日 ツミ

アオゲラから退散し、しばし自宅で休息。
午後2時位から完全に雨はあがり、雲の間から晴れ間も。

日暮れまであと少し。
山は諦めてカメラ持参し、自宅周辺を「何か居ないかな~」とブラブラ。
すると、少し先の枝先に何か止まっている姿。

良く見るとツミでした。
さすが、日本最小の猛禽。
最初はヒヨドリと間違えた程。
止まっているツミの姿を見るのは本当に久しぶりです。

ツミ1

ツミ2

ツミ3

ツミ4

ツミ5

11月1日 ツミ

11月1日 タカ3種 ツミ

続いてツミ。
お散歩でオオタカを撮った後、愛犬にご飯をあげて再度外に出てみると、今度は少し小さ目の飛翔体。

こちらは大きさからツミだと分かりました。
写真に収めましたが、こちらも光量不足のボケボケ。
でも、初列風切5枚の特徴が良く見えていて良かったです。

ツミ1

ツミ2




10月13日 ツミ 幼鳥

10月13日 タカ目タカ科なのですが・・・
情けない事に知識不足の為識別出来ずに困っています。
どなたかご教授お願い出来ませんでしょうか?

この個体、右足が欠損していました。
大きさは40cm程で、ノスリよりは小さくツミよりは大きい、ハイタカ位に感じました。
幼鳥だと思うのですが・・・

10月25日 どうしても気になって再度検討の結果、ツミ幼鳥と識別しました。
① 全長L判断のために止まっている看板角材を計測した所、一辺90㎜であった事から全長300㎜程度と判明
② 初列風切が5枚である事(ハイタカ6枚)
③ 下雨覆に斑がある(アカハラダカは無い)
④ 胸の暗褐色縦斑
⑤ 腹のハート模様
⑥ 脇腹の横斑
⑦ 地域的な生息目撃情報
※ 但し、虹彩とアイリングの色が気になります。


猛禽1

猛禽2

猛禽3

猛禽4

猛禽5

20161013 IMG 8954解説











8月12日 ツミ

8月12日 ツミです。

今まで飛翔する姿にしか出会えていませんでしたが、やっと静止した姿に出会えました。
当初、腹の斑紋が横ではないため識別出来なかったのですが、良く調べてみるとツミの若鳥のようです。
ほぼ鳩位の大きさでした。

小鳥を捕食中だったらしく逃げる際に落としてしまい、近くの枝に止まり暫く様子を伺っていました。
食事中にゴメンナサイ。

ツミ

ツミ


プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです