FC2ブログ

ハシボソガラス

ハシボソガラス

ハシブトガラス同様、留鳥で普通に観察できます。
狩猟期間の捕獲獣解体現場に数十羽単位で飛来する様子は圧巻です。

ハシボソガラス
スポンサーサイト



ハシブトガラス

ハシブトガラス

留鳥として、山間部から街中、海岸まで周年普通に観察出来ます。

ハシブトガラス

ハシブトガラス

ハクセキレイ

ハクセキレイ

留鳥として青野川等の河川流域およびその近くの農耕地などで確認されます。
但し、セグロセキレイが優占種で、ハクセキレイはそれ程多くない状況です。

ハクセキレイ

ハクセキレイ

ハクセキレイ


ノビタキ

ノビタキ

夏鳥ですが夏季には確認されず、10月に集中して見られた事から、渡り途中の羽休めに伴う一時的な飛来と考えられます。

ノビタキ

ノビタキ

ノビタキ


ノスリ

ノスリ

留鳥で、周年南伊豆では良く観察出来ます。
小型の猛禽とは違い、林縁の樹木枝先や電柱など目に付く場所に止まる事が多く、観察がし易い鳥です。

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ

ノスリ




ニホンリス

ニホンリス

南伊豆の山林には比較的多く生息していると考えられます。
ニホンリスは基本的に冬眠しないと言われていますが、冬季は確認できていません。
春先~晩秋までは、頻度は高くありませんが目撃する事があります。

ニホンリス

ニホンリス

ニホンリス

ニホンリス

ニホンリス




ニホンノウサギ

ニホンノウサギ

地元の住民への問診では広範囲で目撃されているようですが、定点観察の林道では目撃頻度は少ない状況です。
糞跡等の状況からも、生息密度は低いものと思われます。

ニホンノウサギ

ニホンイタチ

ニホンイタチ

南伊豆には周年生息しており、特に春先の繁殖期になると昼間でも、林道や山間の車道等にも姿を現します。
但し動きは素早く一瞬ですので、撮影や観察は困難です。

ニホンイタチ

トラツグミ

トラツグミ

留鳥で周年生息しているようですが、生息数は多く無いようです。
森や林の中での生息が基本で余り明るい場所へ出没する事が無い為、夏季には殆ど見掛ける事はありませんが、秋~冬季にはハゼの実のなどの種子の採餌のため落葉した枝先に出てくる事があり、観察出来る事があります。

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ

トラツグミ


[広告] VPS





トビ

トビ

留鳥で、周年海岸部だけではなく、山間部へも良く飛来します。
特に狩猟期間には、捕獲鳥獣の解体場所に大群で飛来します。

トビ

トビ

トビ

トビ



カワラバト(ドバト)

ドバト(カワラバト)

農耕地に時折飛来する事がありますが、街中程ではありません。
基本的には街や河川敷を活動拠点にしているようです。

ドバト

ドバト

ツバメ

ツバメ

夏鳥で南伊豆には多く飛来します。

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ




チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

留鳥で、主に農耕地や河川敷などで確認できます。

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

チュウサギ

チュウサギ

夏鳥とされていますが、南伊豆での季節消長は不明です。
主に農耕地で確認できました。

チュウサギ

チュウサギ

タヒバリ

タヒバリ

冬鳥として、冬季主に農耕地や青野川河川域で確認できます。
ビンズイと似ており要注意です。

タヒバリ

タヒバリ

タヒバリ

タヒバリ



ダイサギ

ダイサギ

大型のサギで、ここ南伊豆では周年観察されています。

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ

ダイサギ



センダイムシクイ

センダイムシクイ

写真ピンボケです。良い写真が撮れましたら差し替えます。
2015年8月・9月に1回ずつ、定点観にて確認されました。

生息数は少ないものと考えられます。

センダイムシクイ

センダイムシクイ

センダイムシクイ

センダイムシクイ



セグロセキレイ

セグロセキレイ

留鳥で、青野川及び支流などの河川域で、普通に見る事ができます。

良く見るセキレイ三種(キセキレイ・ハクセキレイ)の中で、南伊豆では最も多く確認出来ます。

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ

セグロセキレイ




スズメ

スズメ

最も馴染みの深い鳥ですが、人家近くの農耕地で見掛けられる位で、山では見掛ける事はありません。
完全に棲み分けがなされています。

スズメ

スズメ

シジュウカラ

シジュウカラ

お腹に黒のネクタイをしていて、背中は緑色の綺麗な鳥です。

留鳥で周年観察する事が出来ます。
都心近郊の緑の多い公園などでも見る事が出来き、様々な環境の変化に順応できる鳥の一つです。
定点観察山林での優占種の一つです。

シジュウカラ

シジュウカラ

シジュウカラ

シジュウカラ

シジュウカラ




リュウキュウサンショウクイ

サンショウクイ

白黒灰色の地味な姿ですが、環境省全国版レッドデータで、準絶滅危惧種に指定されている希少な鳥です。夏鳥とされていますが、ここ南伊豆では一年を通して観察する事が出来ます。どうやら越冬をしているようです。

特に朝や夕方、「チリリ・チリリ」と鈴の音のように鳴きながら飛翔する姿を周年確認出来ますが、高木の枝先にとまる事が多く、その姿を間近で観察する事は非常に難しい鳥です。

※2016年4月24日 詳細確認の結果リュウキュウサンショウクイと識別されるため、カテゴリを「リュウキュウサンショウクイ」に修正致します。


サンショウクイ

サンショウクイ

サンショウクイ

サンショウクイ

サンショウクイ

サンショウクイ

サンショウクイ







サンコウチョウ

サンコウチョウ

ここ静岡県の「県鳥」ですが、静岡県版レッドデータでも準絶滅危惧種に指定されている貴重な鳥です。

南伊豆には多く渡ってきて営巣繁殖しています。
昨年は5月上旬に初めて確認され、その後縄張りを主張する「ホイホイホイ」の声が森に響き渡っていました。
縄張り意識が極めて強く、近寄って来た大型のカラス等を追い払う姿を良く目撃しました。

昨年は抱卵から孵化・給餌までの一連の状況を、ビデオにて撮影出来ました。

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

サンコウチョウ

[広告] VPS




コジュケイ

コジュケイ

外来種で、南伊豆では広範囲に分布していると考えられます。
独特の大きな声で鳴きます。

コジュケイ

コジュケイ

コシアカツバメ

コシアカツバメ

静岡県版レッドデータで、準絶滅危惧種に指定されています。

多くは無いのですが、ツバメに混じって自宅近くの電線に止まっていました。

コシアカツバメ

コシアカツバメ

コサメビタキ

コサメビタキ

夏鳥で10月に1回確認出来ましたが、それ以外では確認できていません。
恐らく渡りの途中での羽休めだった可能性があります。

コサメビタキ

コサメビタキ



コゲラ

コゲラ

留鳥で、南伊豆では周年確認できます。
本来は森林性の鳥ですが、緑の多い住宅地などでも見られます。

コゲラ

コゲラ

コゲラ

コゲラ

コゲラ






コガモ

コガモ

冬鳥として青野川下流域で冬季確認出来ました。

コガモ

コガモ

ゴイサギ

ゴイサギ

青野川及び支流の中流域にて確認出来ました。
留鳥ですが、南伊豆における季節消長は不明です。

ゴイサギ

キビタキ

キビタキ

代表的な夏鳥の一つです。
黄色と黒のグラデーションが実に綺麗です。
また美声の持ち主でもあります。

夏季南伊豆には多く飛来し、至る所で美しい姿と歌声を届けてくれます。

キビタキ

キビタキ

キビタキ

キビタキ

キビタキ

キビタキ

キビタキ





キセキレイ

キセキレイ

留鳥で、青野川及び支流の中流~下流で周年見る事ができます。

キセキレイ

キセキレイ

キセキレイ


プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです