FC2ブログ

小学校で・・・

久しぶりの投稿です。

この度縁あって、地元小学校に野鳥の写真を掲示させて頂く事になりました。
その準備があって、この一週間ずっと頭を悩ませていました。

小学校への掲示。
低学年から高学年までを対象とする訳ですから、表現や漢字表記など「どうしたものか?」と考えてしまうのです。
結果、表現は極力低学年に合わせ、でも漢字は使って余り幼稚な文面にならないようにしました。
勿論、漢字は全てふり仮名入りで。
掲示方法も、画鋲は落下刺傷の危険があるかな?と思い全てテープで。

それ以上に大変だったのは、ため込んでいる写真の選択。
無論、PC保存する時はピンボケや構図の悪いものは全て削除しているのですが、その中から1枚となると悩んでしまって・・・
普段から、代表とする写真の絞り込みをしないとダメだな・・と反省です。

こんなに素晴らしい自然がありながら、やはり今の子供たちの主流はゲームだそうです。
親御さん達も、「危ない」を理由に山や海には余り行かせないとか・・・

だからこそ、苦労はしましたが、1人でも興味を持ってくれれば嬉しいです。
定期的に写真を入れ替えるので、まだまだお付き合いは続きます。

学校掲示


スポンサーサイト



6月19日 今日のオオルリ

6月19日 キビタキ同様に久しぶりの綺麗なオオルリです。

今日は近くに出てきてくれました。
やっぱり元気です。

オオルリ

オオルリ

オオルリ


6月19日 今日のキビタキ

6月19日 久々のキビタキのアップです。

余りにも頻度が高かったため躊躇していましたが、少し期間が空いたので、久しぶりにアップしました。今日も元気です。

キビタキ

キビタキ


6月19日 リュウキュウサンショウクイ

6月19日 またリュウキュウサンショウクイが姿を見せてくれました。

いつもは2~3羽程の小群で行動していましたが今日はペアでもなく単独。
ちょっと心配になります。

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ



6月16日 サンコウチョウの巣が・・・

6月16日 せっかく確認出来たサンコウチョウの巣が壊れていました。
近くで声はするものの、壊れた巣へ戻る事もありません。

何故?・・・近くでカラスの鳴き声が聞こえます。昨年の悲劇が蘇ります。
少し離れたところに居たメスの姿を捉えました。

サンコウチョウ


6月14日 スズメの侵略

我が家の勝手口の庇にあるツバメの巣。順調に3羽が育っています。

でも一昨日位から、時折親鳥のけたたましい鳴き声が・・・
余り気にしていなかったのですが、今日その異変の原因が判明しました。

けたたましく泣き叫ぶ親鳥の先に見えたのは・・・・スズメ
なんと、ツバメの巣からスズメがひょっこり頭を出しています。

実はこの巣は2連になっていて片方は空家状態。そこにスズメが巣を作ろうとしていました。
スズメはツバメの攻撃をものともせず粘り強く巣に居着こうとしますが、最後にはたまらず逃げ出します。でも暫くするとまた戻ってきての繰り返し。

ツバメが巣を放棄しないか心配です。

ツバメ

スズメ



6月14日 サンコウチョウの巣作り

6月14日 今年は諦めていたサンコウチョウの巣が確認出来ました。

まだ巣作り途中のようで盛んに巣材を運び縫い込んで、出来栄えを確認するかのように抱卵ポーズをとっていました。
しかし、オスは一切現れず離れた場所でさえずるばかり。キビタキの巣作りに似ていました。

でもこの時期に巣作り?
既に一番子が巣立ったとの情報が有る中、以前の巣に何等かの異変があったのかな?とも・・・
諦めていただけに、嬉しい確認です。
谷を挟んでの山向いなので、距離があり不鮮明ですが・・・

サンコウチョウ

サンコウチョウ


6月14日 オオルリの巣立ち

6月14日 オオルリの一番子が巣立ちました。

今日、オオルリの一番子の巣立ちが確認されました。
キビタキの幼鳥とそっくりなのですが、明らかなオオルリのメス(母鳥)との2ショットで確認が出来ました。

逆光ですが、昨年は未確認だったので嬉しい一日になりました。

幼鳥です。
オオルリ幼鳥

幼鳥を見守る様に後を追う母鳥です。
オオルリ♀

6月10日 キビタキの巣立ち

6月10日 キビタキの一番子が巣立ちました。

例年、この時期オスのさえずりが少なくなり、見つけるのが難しくなります。
それと前後して、巣立った幼鳥の姿が現れます。
今年も一昨日位から、あれだけさえずり盛んに姿を見せてくれていたオスの姿が見えなくなり・・・
そして今日、今季初めて幼鳥の姿を確認しました。
一番子の巣立ちです。


3羽が楽しげに遊んでいました。少ししゃがれた、甘えるような鳴き声で・・・
幼鳥だけあって警戒心が薄く、至近距離で撮らせてくれました。
雌雄の区別は分かりませんが、やがてあの美しい黄色の姿になるのでしょうか。

キビタキ

キビタキ


お父さんです。
子供達を心配し、後をついてまわっていました。

キビタキ


お母さんでしょうか?
時間差で付近にて確認しました。

キビタキ

6月7日 アオゲラの子育て

6月7日 アオゲラの巣作りが完了し抱卵が始まったようです。動画も公開します。

実は先日の「巣作り」動画公開後、声も姿も確認出来なくなってしまった為、巣を放棄してしまったものと・・・。
しかし、良く観察するとちゃんと子育てを行っていました。一端抱卵状態に入ると最低でも50分程は姿を現さないため、放棄と勘違いしてしまったようです。安堵、一安心です。
でも懸念も。この営巣場所はまさに林道脇にあり、近々部落一斉の草刈り行事があり、この林道も対象になっています。
普段入る事のない草刈り機のエンジン音や振動、多くの作業員の往来。
果たして巣を放棄することは無いのか?すごく心配です。

アオゲラ

アオゲラ

[広告] VPS






6月7日 リュウキュウサンショウクイ

6月7日 久しぶりのリュウキュウサンショウクイです。

自宅周辺ではほぼ毎日「チリリチリリ」と声はするのですが、相変わらず高木の上を活動するため、青葉が姿を隠し捉える事が出来ませんでした。ようやくゲット!!
このリュウキュウサンショウクイ、リンクにある環境省生物多様性センター「いきものログ」の分布データや市販の図鑑にも、九州・四国でのデータはあるものの、本州でのデータが存在しません。しかも越冬状態。
貴重な状況である事は間違い無いようです。

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ

リュウキュウサンショウクイ


6月5日 ゲンジボタル

6月5日 ゲンジボタルが元気に夜空を舞っています。

なんとか記録に残せないかと。
初めて絞り開放で夜間撮影にチャレンジしてみました。

ホタル1

ホタル2

6月5日 相変わらずのゲストさん

6月5日 久々の投稿。相変わらずのゲストさん達です。

新しい友達が来ないものかと・・・
なかなか出会えませんが、旧知の友人達は相変わらず遊びに来てくれています。

オオルリ
オオルリ1

オオルリ2


キビタキ
キビタキ1

キビタキ2


サンコウチョウ
サンコウチョウ1

サンコウチョウ2






5月31日 アオゲラの巣作り

5月31日 アオゲラの巣作り動画です。

以前から探鳥の際必ずと言って良いほどアオゲラを見掛ける枯れ木があり、良く観察してみると巣作りの真っ最中でした。
一部図鑑には「アオゲラは主に生木に営巣する」と書いてあった為、営巣を疑う事は無かったのですが・・・・

ほぼ完成に近い状態です。また雌雄の呼び合いも撮れました。

[広告] VPS
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです