FC2ブログ

11月12日 イヌワシ

11月12日 イヌワシ幼鳥です。

ハイタカを追っていると・・・
遥か上空に、カラスを引き連れて悠々と大空を舞っている巨大な影。

カラスの翼開長が約100センチ。
その2倍程、つまり翼開長2メートル程の巨体。
既に見た目にタカではなくワシだと・・・。
体下面風切基部の白斑と尾羽基部の白色部。
まさにイヌワシ幼鳥の特徴そのものでした。

まさか自宅裏で天然記念物の姿を見られるとは思いもせず。
嬉しい一日になりました。

気性の荒いカラスも攻撃している様子は無く、ジンベイザメにくっ付くコバンザメのように後をついて飛んでいました。

イヌワシ1

イヌワシ2

イヌワシ3

イヌワシ4

イヌワシ5






スポンサーサイト



11月12日 ハイタカ

11月12日 ハイタカ

何故か毎年、この季節になると自宅周辺に姿を現します。

とは言え小型猛禽のため、なかなか真面な写真が撮れず載せていませんでした。
飛翔スピードは速いし、直ぐに林の中に飛び込んでしまい姿を捉える事が・・・。
今回やっと全体像を捉える事ができました。

しかし、この後遥か彼方、上空にカラスを引き連れた巨大な黒い影が・・・(次回へ)

ハイタカ1

ハイタカ2

ハイタカ3

ハイタカ4




11月11日 カワアイサ

11月11日 初見カワアイサ

青野川下流にて確認しました。
最初、首を曲げて寝ていたために種類が分からず。
その後やっと顔を出してくれて、カワアイサと分かった次第です。
今年の春、ウミアイサには出会えたのですが、カワアイサには出会えず。
嬉しい出会いです。

カワアイサ1

カワアイサ2

カワアイサ3

カワアイサ4



11月7日 ホオアカ

11月7日 初見ホオアカ

南伊豆で初めての確認です。
今日はホオジロ科の鳥達で賑やかな一日でした。
実はまさに徒歩1分の自宅裏。

腹部の白い鳥を見付けて、何の疑いも無くカシラダカと思いパチリ。
PC取り込み後、拡大して見てみると何かが違う。
腹部の白さからホオジロではないし、眉斑や羽の白線が無い事からカシラダカでも無い。
決め手は頬の赤茶斑とその後方の小さな白斑。
なのでホオアカと判断しました。

その後再度探しに行くと、ホオジロやカシラダカ、アオジ等のホオジロ科の鳥達が賑やかに・・・
気付かないうちに、いつの間にか帰ってきていたのですね。
特にホオジロやカシラダカはパッと見似ているため、都度双眼鏡の出番となりました。
今までホオアカの存在を気にしていなかったため、過去ホオジロと間違えて写真を保存している可能性も。今度見直してみようと思います。

ちなみにカシラダカとビンズイは今季初確認です。

ホオアカ
ホオアカ1

ホオアカ2


カシラダカも一緒に・・・
カシラダカ

間違い易いホオジロのメス
ホオジロ

アオジも帰って来て・・・
アオジ

ビンズイ  セキレイ科ですが今季初の確認です。
ビンズイ








11月5日 スズガモ

11月5日 初見スズガモ

青野川探鳥時、初めて出会いました。
既にコガモ、マガモ、オオバンも渡来していて冬の様相を呈してきました。

ただし、それら常連さん達が複数羽の群れで居るのに対して一人ぼっち・・・
辺りを探しましたがやはり独り。

セイタカシギ同様、群れに染まらず独り漂う姿に空しさを感じてしまいました。

スズガモ1

スズガモ2

スズガモ3


11月2日 セイタカシギ

11月2日 初見セイタカシギ

ご近所の方と早朝、青野川にカニカゴを引き上げに。
何気なく護岸に目をやると、そこに見慣れぬ鳥が・・・。
よくよく見るとセイタカシギが1羽、気持ちよさそうに羽を休めていました。

あー、カメラ持ってない。折角のチャンスを・・・。
仕方なくスマホでパシャパシャ。でも、やはり上手く撮れず。
一か八かカメラを取りに帰り、急ぎ戻ってくると・・・ラッキー、未だ居ました。

カメラを持っていない時に限って・・・そんな思いを何度繰り返した事か。
またまたやってしまった反省出来ない自分でした。
戻る迄待っていてくれたセイタカシギに感謝です。

セイタカシギ1

セイタカシギ2

セイタカシギ3

セイタカシギ4

セイタカシギ5

セイタカシギ6






10月30日 アリスイ

10月30日 アリスイ

昨年は11月4日の確認でした。
今年は少し早い確認です。

トラクターで掘り起こされたアリでも食べにきたのでしょうか?
しかしこの様な姿ですので、とにかく見付け難い。
木に停まっていても地面に居ても、動いていないとまず気付かない鳥です。
今回は偶然近くで飛んでくれたのでなんとか・・・

でもこれがキツツキの仲間とは思えない容姿です。

アリスイ1

アリスイ2

アリスイ3


プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです