FC2ブログ

5月30日 ブッポウソウ

5月30日 なんと・・・ブッポウソウがやってきた‼

今日、パラパラと空から雨が。
近場なら未だ大丈夫かな?と、午前中ホトトギス狙いでいつもの林道へ。

直ぐに枯れ木の天辺に停まる姿を発見。
よしよし、ホトトギス発見と双眼鏡を覗くと・・・あれ?嘴がオレンジで体が青っぽいぞ! 何だ???

すぐさまブッポウソウと分かり、その瞬間手が震えてまさにチキン肌に。
長年探していても、全く出会う事が無かった鳥。
まさかこんな所で出会うとは・・・

その後はシャッターを押し続けて、ふと気づく。
遠くに飛び去る気配が全く無い。

お気に入りなのか特定の木の枝先に停まり、飛んでも谷を挟んだ向かい側へ。
そしてまたお気に入りの枝先に戻ってくる。
その後はお気に入りの木がある林の中に姿を消すが、暫くするとまた出てきてお気に入りの定位置へ。

ひょっとして営巣しているのかな???と思える行動です。
明日も同じように姿を現せば、かなり高い確率で繁殖を行っているものと思います。
既に、ペアは抱卵中なのでしょうか。
アオゲラの古い巣穴や洞など、たくさんありますからね。
絶滅危惧ⅠB類の希少な鳥。是非とも繁殖に成功してくれる事を願うばかりです。

雨天で光量が不足している中での遠目なので、多少ボケていますがご容赦ください。

ブッポウソウ1

ブッポウソウ2

ブッポウソウ3

ブッポウソウ4

ブッポウソウ5







スポンサーサイト

5月27日 サシバ

5月27日 今年も無事に・・・サシバ

昨年も姿を見せてくれたサシバ。
でも遠目の飛翔の姿しか確認出来ずに終わりました。

本日、ホトトギスが撮れないかな~と待っていると・・・
突然、低空で近くの枝に一瞬停まり、すぐに少し離れた林の中に姿が消えました。
あー、惜しい・・と思っていると、暫くして遠目の高木の天辺に姿を現し、暫くしてまた同じ林の中へ。
すると、再び違う高木の天辺に。
おや?ひょっとしてその林の中に営巣しているのかな???

眉班が太くはっきりしているようなので雌なのかも知れません。
これから継続して観察してみようかと思います。

既にハチクマも渡来していて姿は確認しているのですが、なかなか真面な画を撮らせえてくれません。
今回のサシバも遠目、逆光でボケボケですがご容赦ください。

サシバ1

サシバ2

サシバ3

サシバ4







5月24日 アオバズク

5月24日 アオバズク

昨年、地元野鳥クラブの方に教えて頂いた神社へ。
毎年、定期的に観察しておられるとの事で、お邪魔してはいけないと昨年は最初に確認以降足を運ぶ事はありませんでした。
しかし、その後ペアの1羽が交通事故で命を落としたとの衝撃的なお話を聞きました。

今年は・・・
心配していたのですが、しっかり戻ってきてくれていて一安心。
でも、この1羽しか見つけられず。
既に洞で抱卵中なのでしょうか?

無事に子供が巣立つ事を祈りつつ、今年もこれで観察を終了です。

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

アオバズク4





5月17日 ヤブサメ

5月17日 ヤブサメ

例年、4月の中旬には渡来して、あの独特の「シシシシ・・・・」を歌い始めるヤブサメ。
しかし、名前の由来通りなかなか藪から姿を現す事の無い、カメラ泣かせの鳥。

ひと夏で数枚、その姿を捉えられれば良い方です。
既に渡来後1か月程。
情けない話ですが、ようやくその姿を捉える事が出来ました。
良かった~‼

ヤブサメ1

ヤブサマ2


5月6日  サンコウチョウ

5月6日  本日のサンコウチョウ

本日は動きも良く、ホイホイホイも連発。
すぐ近くで愛らしい姿を見せてくれました。

それにしても長い尾羽をなびかせながら、木漏れ日の間を縫うようにして飛び回る姿は、森の妖精が舞っている様に見えます。
なんとも幻想的です。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5





5月5日 珍客 ミゾゴイ

5月5日 珍客 ミゾゴイです

午前中サンコウチョウを確認し、もっと良いアングルでと思い午後も林道を登っていると・・・

何やら林道脇から黒い影が。
???何だ???
取り敢えず写真を撮りましたが、距離があり暗くてカメラのモニタでは分からず。
自宅に帰ってPCで拡大してみると、なんとミゾゴイ!!

初見も初見、この林道含め今まで見た事もありません。

以前、東大樹芸研究所の知り合いから、この南伊豆で撮ったとの話は聞いたことがあったのですが。
何年も通い詰めたこの林道で、新たに出会うとは感激です。

調べてみると、全国版のレッドデータで絶滅危惧Ⅱ類となっている希少種。

午前のサンコウチョウに続き最高の一日になりました。

ミゾゴイ1

ミゾゴイ2

ミゾゴイ3


5月5日 キター!! サンコウチョウ

5月5日 ついに来ました・・サンコウチョウ 

朝一番、いつもの林道へ。
特に期待も無くオオルリでも と思いながら登っていると、林の中から懐かしの「ホイホイホイ」

キター!!とばかり探すも、以降声も聞こえず時間だけが過ぎて・・・
11:00もまわり、もうダメかな?と諦めかけたその時、すぐの頭上で「ホイホイホイ」
その後は暫く頭上を飛び回り、何とか写真を撮らせてくれました。

毎年の事ですが、特に「ホイホイホイ」が聞こえてくると鳥肌がたつ程の感激を覚えます。
昨年は5月11日でしたので6日早い確認です。
昨年は初日に数羽の「ホイホイホイ」が聞こえたのですが本日はこの1羽のみ。
オッチョコチョイで、他の仲間より早目に渡ってきてしまったのでしょうか?

とにかく嬉しい一日になりました。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

サンコウチョウ5




5月2日 恋と子育ての季節2 オオルリ

5月2日 恋路の邪魔? オオルリ

キビタキを観察していると、突然オオルリの美しい歌声が割り込んできて

実はこの場所、例年サンコウチョウも営巣。
1歩も動かず、オオルリ、キビタキ、サンコウチョウが観察できてしまう特等席。お気に入りの場所です。

その美しいオスのオオルリを観察していると、これまた近くにメスが現れて奇妙な動き。
まるで雛鳥が親に餌をねだるように、小刻みに羽をパタパタしながらクルクル回っています。
オスの歌声に魅了されてダンスを踊っているかのように。

すると、突然オスが私の目の前に飛んできてジーとにらめっこ。
その距離2m前後。
あたかも「恋路の邪魔をするな!!」とでも言っているかのよう。

ひとしきりにらめっこの末、飛んで行ってしまいました。
これまた「ゴメン、ゴメン」と、早々に退散の光景でした。

オオルリ1

オオルリ2

オオルリ3



5月2日 恋と子育ての季節1 キビタキ

5月2日 恋と子育てと・・・キビタキです

いつもの様に山ではキビタキの大合唱が。
一際大きな歌声のオスを観察していると、近くにメスが現れて杉の木の皮をせっせと運んでいます。
巣材を集めているようです。
今まで見てきた個体は、地上に降りて落ち葉を運んでいる事が多かったのですが、この夫婦は杉皮を選んだようです。

でも相変わらずオスは近くを飛び回り、呑気に歌っているだけ・・
女房を働かせて旦那は呑気に鼻歌を・・・何処の世界にも居るんだな~こういう男!!

なんて思いながら見ていると、突然オスがブッブッと威嚇音を発しながら近くに入り込んだ別のオスを追いかけ始めました。
この周辺では少なくともあと3羽のオスを確認しています。
そのうちの1羽が縄張りを侵してきたのでしょう。

メスと縄張りを守る。オスにはオスの大切な役割があったんだな・・・
軽蔑の眼差しで見てしまったオスに「ごめんなさい」の光景でした。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ4

キビタキ5








4月30日 リュウキュウサンショウクイ

4月30日 この季節がやってきた リュウキュウサンショウクイ

普段、高木の枝先で遠目にしか見る事が出来ないリュウキュウサンショウクイ。
繁殖期に入り、やっと近くで見る事が出来るようになりました。

声が間近で聞こえ、ふと横の低木を見ると直ぐそこに・・・
でもよくよく見ると口に餌を銜えています。
ひょっとして既に雛がかえっているのか?

今年も無事に巣立つ事が出来ますように。

リュウキュウサンショウクイ1

リュウキュウサンショウクイ2

リュウキュウサンショウクイ3

リュウキュウサンショウクイ4

リュウキュウサンショウクイ5




4月29日 ムナグロ

4月29日 また・・・ムナグロ

先日見付けた夏羽移行中の中間羽の個体。
昨年は4月21日時点で、既に完全な夏羽個体を確認しています。

是非とも夏羽個体を見付けたいと、再度菜の花畑を探鳥・・・が見つけられず。
諦めての帰り、近くの田んぼへ。
すると、居ました。が、また中間羽。

これって、雌雄の差なのでしょうか?
はたまた偶然にも先日と同じ個体なのか?
図鑑では雌雄同色と書いてあるのですが・・・

ムナグロ1

ムナグロ2

ムナグロ3

ムナグロ4

ムナグロ5





プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです