FC2ブログ

7月16日 里山その他のゲスト

7月16日 里山のその他ゲストたちです。

キビタキ
相変わらず親子揃って元気な姿を見せてくれています。
キビタキ

キビタキ

トノサマガエル
沢で涼んでいました。が、これってトノサマガエル?自信がありません。
トノサマガエル、ダルマガエル、トウキョウダルマガエル、ナゴヤダルマガエル。
どうやら、静岡ではこの4種類の生息域が重なっているようです。
トウキョウダルマガエルは可能性が低いようなのですが・・・。
腹面が見られなかったため、背面突起の発達具合や黒班のつながり具合、静止時の後脚指の位置などから判断しました。
仮にトノサマガエルならば、全国でも準絶滅危惧種に選定されている様子。
全く気にしていなかったのですが、結構貴重な存在なのですね。
トノサマガエル

モズ
秋から冬にかけて、どこでも見られるモズですが、夏季には全く姿が見えなくなります。
図鑑では、子育てのため森林の中に入り開けた所に姿を現さなくなるとか・・・
久しぶりに姿を見せてくれました。
モズ

トノサマバッタ
負んぶしている可愛い姿をパチリです。
トノサマバッタ

アオゲラ
ドラミングや囀りは聞こえるのですが、今年は姿を見る機会が減っています。
個体数を減らしていないか心配です。
アオゲラ

ウグイス
相変わらず三鳴鳥の責務を果たすべく、さえずり続けてくれています。
が、少し減ってきたかな?間もなく盛夏の閑散期に突入です。
ウグイス

ホオジロ
こちらは一年中元気な姿を見せてくれています。
ホオジロ

オオルリ
キビタキを待っていると、突然姿を見せてくれました。
メスですが久しぶりの可愛い姿に感激です。
オオルリ

カラスアゲハ
林道では毎年、モンキアゲハとともに賑やかに飛び回っています。
に、しても綺麗ですね。
カラスアゲハ
スポンサーサイト



7月16日 ニホンリス

7月16日 ニホンリス

仕事やらなにやら・・・暫く探鳥出来ずに久しぶりに山へ。
何か変わった事は無いかな?と期待しつつ歩いていると、久しぶりに姿を見せてくれました。

この個体、いつも決まった場所に姿を現し、秋になるとオニグルミの実をせっせと集める働き者君。
久しぶりと挨拶がてらパチリです。

今、仕事で河津に行く機会が多いのですが、河津では既にクリハラリス(台湾リス)が勢力を広げており、ニホンリスに出会った事はありません。山奥に行けば居るのかも知れませんが・・・。

段々居場所を追いやられて、いずれここ南伊豆でも見られなくなる日が来るのでしょうか?
未だ在来の環境を残す貴重な森です。


ニホンリス1

ニホンリス2

ニホンリス3

ニホンリス4

ニホンリス5


7月1日 キビタキ

7月1日 キビタキ無事巣立つ!!

この時期、様々な幼鳥が姿を現します。
ヤマガラ、エナガ、シジュウカラなどなど。
大体は成鳥と同じ柄で色薄め。見た目に直ぐ分かるのですが・・・
キビタキを代表するヒタキの類は全く異なり同じ種類とは思えぬ容姿。
最初は戸惑いましたが、今は何とか識別出来るようになりました。

今年も無事に巣立ちを迎え、親鳥が心配そうに後をついて飛んでいました。
嬉しい限りです。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ4

キビタキ5
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです