FC2ブログ

1月30日 ハイタカ

1月30日 ハイタカ

上空を飛ぶハイタカを目で追っていると、少し離れた高木の枝先に止まってくれました。
警戒心が強く、今まで木に止まる姿を見る事は余りありませんでしたが、昨年から何度か貴重な姿を見せてくれています。
贅沢を言えば、もう少し近くで拝む事が出来ればいいのですが。
今回も、鮮明な姿を捉える事が出来ませんでした。

ハイタカ1

ハイタカ2
スポンサーサイト



1月30日 ニホンリス

1月30日 ニホンリス

今日はニホンリスが姿を見せてくれました。
何かを手で持って、モグモグ食べているようでした。

ニホンリス1

ニホンリス2

1月29日 アオゲラ

1月29日 アオゲラ

アカゲラの代わりに姿を見せてくれるアオゲラ。
このオスの個体、どうやら巣穴を掘っている様子。

ここは林道から5m程の道端。
実は、昨年来の井戸工事に伴うポンプアップ電源工事で、今盛んに電柱が新設されています。
電柱の設置工事は先日で一段落したのですが、これから電線を通す工事が始まるとのこと。
そんな工事エリアの真っただ中。

恐らく邪魔な樹木の伐採も始まり、巣を完成させる事は出来ないのではないかと。
地域への上水供給のためなので致し方ありませんが、せっせと穴を掘っている努力が無駄になるのかな?と考えると悲しくなりますね。

アオゲラ1

アオゲラ2

アオゲラ3

アオゲラ4

1月29日 ルリビタキ

1月29日 ルリビタキ

今日もアカゲラとウソのオスを探しに林道へ。
しかし結局出会えず。
そんな中でもルリビタキは癒しを与えてくれました。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

1月26日 アカゲラ 3兄弟

1月26日 アカゲラ 3兄弟

1月13日に目視にて確認したアカゲラ。
その後は姿を現す事なく、今年は出会えないかな?と・・・

今日、遠目でしたが、やっと姿を見せてくれました。
待ってました!!

出会いのお祝いに、兄弟達も駆けつけてくれました。

アカゲラ1

アカゲラ2

アカゲラ3


お祝いに・・・アオゲラ
アオゲラ1

アオゲラ2

お祝いに・・・コゲラ
コゲラ1

コゲラ2

1月20日 ルリビタキ

1月20日 ルリビタキ

山桜ウソを撮っていると、奥のハゼの木にルリビタキ。
やっぱり綺麗なので、ついつい夢中で撮ってしまいます。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

1月20日 ウソ

1月20日 ウソ

今日、曇天の林道で、またまた「フィー・フィー」とウソの声。
良く探すと、すぐ近くの木にメスが一羽。

今度こそと周りを探すも、結局この一羽のみ。
この時期は群れで行動している筈なのですが・・・
この子は迷子になってしまったのでしょうか?

移動して山桜の新芽を食べていました。

ウソ1

ウソ2

ウソ3

ウソ4

ウソ5

1月19日 ルリビタキ

1月19日 ルリビタキ

そのルリビタキの採餌シーンです。
3個程を食べて(写真は2個を食べる様子が捉えられています)直ぐに藪中に消えてゆきました。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

1月19日 異変の影 ハゼの実

1月19日 変な冬を物語るハゼの実

例年、1月後半になると丸坊主になってしまうハゼの実が、今年は至る所で未だ多くの実を付けたまま。
一昨年は12月半ばで既に丸坊主だったのですが。
好んで食べるシロハラやアカハラ、トラツグミといったヒタキ科のツグミの仲間との出会いも少なく、やはり採餌する鳥達が少ない事が原因なのでしょうか?

今日は、そのハゼの実を集中して観察。
一房には凡そ350個程の実を付け、大きな木になると1本に房が100個以上ついていました。
つまり、1本に35000個程の実がなる計算です。木によってかなり違いがありますので、確実な数字ではありませんが。
ハゼ1

一昨年2月初旬のハゼの状況
ハゼ2

その状況で、鳥たちは1回に何個の実を食べるのか?
今日は、アオゲラ、ルリビタキ、ヒヨドリ、ジョウビタキ(メス)、ヤマガラ、メジロが食べにきたのですが、メジロは2個食べてその後も啄むのですが、ポトポト下に落とすだけでした。
ジョウビタキとルリビタキは3個~4個程
ヤマガラは丸飲みすることなく、1個を足で上手に挟み嘴でコツコツ叩いて食べていました。
中型のヒヨドリとアオゲラは、見えただけで5~7個の実を食べているようでした。
ハゼ3

ハゼ4

ハゼ5

でも、これだけ多くの実を残している要因はシロハラとツグミの渡来数が少ない事だと思っています。
過去、大挙してやってきて食べつくしてしまう光景を何回も目の当たりにしていますので、尚更そのように感じてしまうのでしょうか?とにかく例年になく「変な冬」には変わりありません。

1月19日 アオサギ

1月19日 アオサギ

アオサギ。
川や海の代表格なのですが、実は稀に山の中でも見る事があります。
今日も、林道脇の桜の木に止まっていました。
どうやら若鳥のようでした。

アオサギ1

アオサギ2

1月18日 ツグミ

1月18日 ツグミ

この冬異変の代表格、ツグミ。
この時期、多くの群れがやってきて至る所で見る事が出来たのですが、今年は出会うチャンスも少なく。
この日も声を頼りに探してみると、高木の枝先で独りポツンと寂し気に鳴いていました。
ん~、やはり変な冬です。

ツグミ

1月18日 アオゲラ

1月18日 アオゲラ

毎回、期待するも出会えないアカゲラ。
そのかわりアオゲラは姿を見せてくれます。
が・・・やっぱり出会う機会は減っています。

アオゲラ1

アオゲラ2

1月18日 ビンズイ

1月18日 ビンズイ

この冬、再三書いていますが、ビンズイも見かける機会が減っています。
久し振りに出会えました。
例年、苦労なく出会えるのですが・・・変な冬です。

ビンズイ1

ビンズイ2

ビンズイ3

1月17日 森の常連さん6 ヤマガラ

1月17日 ヤマガラ

人懐っこさではピカイチのヤマガラ。
今日は、盛んにハゼの実を食べていました。

ヤマガラ

1月17日 森の常連さん5 メジロ

1月17日 メジロ

こちらは先日も登場したメジロ。
とにかく警戒心が余り無く、今日もすぐ近くに姿を現しました。

メジロ

1月17日 森の常連さん4 ヒヨドリ

1月17日 ヒヨドリ

ヒヨドリはこの林道では、メジロと並ぶ優占種。
いつでもどこでも見る事が出来ます。
まず、最初に聞こえてくる声もヒヨドリ。
都会にも多く見られて、これだけ様々な環境に適応出来る鳥は多くはないのでしょうね。

本当に久しぶりにカメラを向けました。

ヒヨドリ

1月17日 森の常連さん3 シジュウカラ

1月17日 シジュウカラ

シジュウカラも森を華やかにしてくれる常連さんです。

シジュウカラ

1月17日 森の常連さん2 キセキレイ

1月17日 キセキレイ

一年を通して見る事が出来るキセキレイ。
セキレイ類は川をイメージしがちですが、実は時期的に山奥にも姿を現します。

今日は、我が家の庭先でパチリです。

キセキレイ

1月17日 森の常連さん1 アオジ 

1月17日 アオジ

いつもは余りカメラを向ける事の無い常連さん。

今日は仕事が休みで、アカゲラとウソのオスを狙い期待を込めて林道へ。
しかし、待てど現れる気配無く、いつもの常連さんを撮ってみました。

アオジ 冬の常連さんです。

アオジ

1月13日 ルリビタキ

1月13日 ルリビタキ

昨日割愛したルリビタキ。
今日も2か所に姿を現してくれました。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

1月13日 シロハラ

1月13日 シロハラ

昨年11月11日に確認しているシロハラ。
でも、今日まで「声はすれど姿は現さず」で、まともな写真が撮れていませんでした。
こちらも「やっとやっと」です。

シロハラ

1月13日 アオゲラ

1月13日 アオゲラ

最近、よく出会うアオゲラ。
今日は2羽(ペア?)で仲良くコツコツしていました。

番外情報
今日、やっと、やっとでアカゲラを見る事ができました。
昨年より2か月近く遅い確認です。
双眼鏡で確認しカメラを構える前に飛び去ってしまい写真は撮れませんでしたが、安堵感とこれからへの期待が嬉しい出会いでした。明日から集中して探してみようと思います。

アオゲラ1

アオゲラ2

アオゲラ3

1月12日 ノスリ

1月12日 ノスリ

帰りに、またまたルリビタキも顔を出したのですが、ちょっとしつこいので割愛。

自宅に近づくと、畑地を挟んだ向かいの山にノスリ。
ソロソロ近づくと飛び立っていきました。
この白味が強い個体はいつも近所に姿を見せてくれます。

ノスリ1

ノスリ2

ノスリ3

ノスリ4

ノスリ5

1月12日 ウソ

1月12日 ウソ

昨年11月末、早々に確認して以来出会えていなかったウソ。
今日やっと近くに姿を現してくれました。

昨年度は3羽の小群が頻繁に桜の新芽を食べに来ていましたが全てがメス。
結局オスのお多福を見る事は出来ませんでした。

今日もメス、それも1羽単独。
今年はオスを見る事が出来るでしょうか?

ウソ1

ウソ2

ウソ3

ウソ4

1月12日 リュウキュウサンショウクイ

1月12日 リュウキュウサンショウクイ

ヤマガラを撮って顔を上げると、リュウキュウサンショウクイが真上の枝先に。
目が合うと「ピリリピリリ」と大きな声で鳴きだしました。

やはり曇天。
はっきりしないな~。

リュウキュウサンショウクイ1

リュウキュウサンショウクイ2

リュウキュウサンショウクイ3

リュウキュウサンショウクイ4

1月12日 ヤマガラ

1月12日 ヤマガラ

森の常連さん、ヤマガラもすぐ近くに姿を見せてくれました。

ヤマガラ1

ヤマガラ2

ヤマガラ3

ヤマガラ4

1月12日 シメ

1月12日 シメ

今日は朝からどん曇りで、午後から雨予報。
降る前に急がなきゃ。

林道に入ると、いつもイカルが止まる木にシメが4羽。
バック曇り空のボケボケ写真になってしまいました。
やはり青空が一番です。

シメ1

シメ2

1月10日 ルリビタキ

1月10日 ルリビタキ

林道では、相変わらずのルリビタキ。
ん~、やはり今年は多いな。実感です。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

1月10日 メジロ

1月10日 メジロ

林道に向かう途中には多くのメジロが。

メジロ

1月10日 ジョウビタキ

1月10日 ジョウビタキ

続いてご近所さんのお庭にジョウビタキ。
近づいても逃げない人懐っこい鳥です。

ジョウビタキ1

ジョウビタキ2
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです