FC2ブログ

3月30日 コチドリ

3月30日 コチドリ

所用のため集中した探鳥が出来ない中、そろそろ人の食料も尽きてきたためにお買い物へ。
ついでに川に何か居ないかな?と・・・
すると、いつもの中州に鵜に混ざってチョロチョロと千鳥足。
最初はいつものイカルチドリだと思って双眼鏡を覗くと、明らかにいつもと違うハッキリとした黄色のアイリング。
これはコチドリだとシャッターをパチリ。

実はコチドリは初見です。
久し振りの新しい仲間の登場に、嬉しい一日になりました。

コチドリ1

コチドリ2

コチドリ3

コチドリ4

コチドリ5

コチドリ6
スポンサーサイト



3月17日 アカゲラ

3月17日 アカゲラ

晴天の一日。
今日はアカゲラが顔を見せてくれました。
最近声を聞いていなかったので、既に高地に移動を始めたのかと思っていました。
でも、このポカポカ陽気。
間もなくお別れです。

アカゲラ1

アカゲラ2

アカゲラ3

アカゲラ4

アカゲラ5

アカゲラ6

3月16日 ルリビタキ 厳しい自然の摂理

3月16日 ルリビタキ

今日、雨上がりの林道へ。
この所、今まで盛んに鳴いていたルリビタキやイカル等の声も聞こえなくなり、冬鳥・漂鳥達が離れていっている事を実感する少し寂しい林道。余り期待することなく歩いていると、目の前にルリビタキのオスが。
最後の冬のご褒美と写真を撮っていると、何だか様子がおかしい。
全身プックリと膨れて余り動かない。
近づいても動かない。
多少道をピョンピョンと跳ね、落ちている餌を啄む様子も見せるのですが、飛んでもフラフラと弱々しく近くの枝に止まるだけ。

恐らく寿命か病気か・・・。
この様子では、近いうちに落ちてしまうと思います。

場所と眉班から、この冬盛んにハゼの実を啄み姿を見せてくれた個体だと思います。
仲間達が続々と離れていく中、残され命を落とす個体。
自然の厳しさを感じてしまいました。

ちなみに写真は一切拡大処理をしていません。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ3

ルリビタキ4

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

ルリビタキ8

ルリビタキ9

ルリビタキ10

3月9日 カワセミ

3月9日 カワセミ

気持ちの良い晴れ間の川に、カワセミのペアが仲良く姿を見せてくれました。
春ですね。恋の季節ですね。

余談ですが、やはりツグミはこの川筋にも姿がありませんでした。
いつもは苦労なく見付けられるのですが。
やはり今年は冬鳥が異常な状況のようです。

カワセミ1

カワセミ2

カワセミ3

カワセミ4

カワセミ5

3月9日 シメ

3月9日 シメ

今日は休みで良く晴れて。
久し振りに川に行ってみようかな・・・と。
「みなみの桜まつり」も終焉で、見物客も疎らな中、これまた久しぶりにシメが姿を見せてくれました。

でも、やはり今年は数が少ないみたいです。
いつもは林道でも良く姿を見せてくれるのですが、今年は・・・

シメ1

シメ2

シメ3

シメ4

シメ5

3月7日 ハイタカ

3月7日 ハイタカ

春に三日の晴れ無し・・・
本当に雨に泣かされる毎日。
仕事の時は晴れるのですが。

そんな中でも、ハイタカは良く姿を見せてくれています。

ハイタカ1

ハイタカ2

ハイタカ3

ハイタカ4

ハイタカ5
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです