FC2ブログ

8月17日 サンコウチョウ

8月17日 サンコウチョウ

キビタキとの出会いを終えて、さて、お昼ご飯と林道を下ると、少し下った所で今年聞き慣れたサンコウチョウの声。
既に「ホイホイ」は聞くことが出来なくなりましたが、「グェ・グェ」とぐぜるような声。
それも、複数の群れ。少なくとも4羽は確認出来ました。

写真を撮ると、どうやら若鳥も居る様子。
幼羽からの換羽途中なのでしょうか?乱れ髪のような・・・

今年、この林道で3ペアを確認していましたが、今回のペアは声はすれど姿を見せてくれなかったため、更に林道を上った別の2ペアをずっと観察していました。
そのペアは何回か巣を放棄して、どうやら今年繁殖に失敗したようでした。
残念に思っていたのですが、この1ペアが繁殖に成功したのであれば、とても嬉しい事です。
来年もまた、ここに戻って来てくれる事を願っています。

サンコウチョウ1

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4
スポンサーサイト



8月17日 キビタキ

8月17日 キビタキ

う~ん、なかなかセンダイムシクイの姿を捉える事が出来ず。
9月に入れば、コサメビタキなど、新たな顔ぶれに出会う事が出来ると思うのですが、今は未だ早い。
今、閑散とした森の中で、何とかセンダイムシクイに出会いたいものです。

そんな中、待てばそれなりの確率で姿を見せてくれるキビタキポイントを見つけました。
以前のような高い確率では無いのですが。
有難いものです。

キビタキ1

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ4

8月17日 ガビチョウ

8月17日 ガビチョウ

こちらも林道の途中、大きな声で・・・

ガビチョウ1

ガビチョウ2

ガビチョウ3

ガビチョウ4

8月17日 ニホンカナヘビ

8月17日 ニホンカナヘビ

台風は特に問題なく。
雨もあがり、やっと山へ。

いつもの林道の途中でのカナヘビです。
特に珍しくもなんとも無いのですが、いつ見てもカナヘビは恐竜みたいで恰好が良く好きです。

幼少期は小さな水槽で、良く飼育していた事を思い出します。
掴むと指を噛んできて、その姿がまた可愛らしい。
ちょっと一服のパチリでした。

ニホンカナヘビ1

ニホンカナヘビ2

8月10日 ツミ

8月10日 ツミ

成果乏しく、落胆のまま山を下り我が家に近づくと、突然何かが目の前を横切り、離れた木の枝に止まりました。
最初は何者か分からず、望遠で覗いてみるとツミでした。

正直、真夏の南伊豆でツミを見るのは初めてでした。
目にするのは冬ばかり。
きっと漂鳥のように、夏は南伊豆を離れて、標高の高い所へでも行っているのかな?と思っていたのですが・・・。

やっぱり居たんだな・・・と。
モズ等と同じように、夏は開けた所に出る事無く、森の奥を生活圏にしているのでしょうか?

それにしても日本最小の猛禽。
葉っぱの大きさと比較しても、その小ささが分かります。
また、意外と足が長いんだな、とも思いました。

ツミ1

ツミ2

ツミ3

ツミ4

ツミ5

ツミ6

ツミ7

8月10日 キビタキ

8月10日 キビタキ

すっかり姿を見せなくなったキビタキ。
盛期は、あれだけ間近で大きな声で囀っていたのですが、今はまるで渡去してしまったかのように・・・
時折、メスや幼鳥が姿を見せる程度。

そんな中、今日久しぶりにオスが姿を見せてくれました。
でも、直ぐに森の中に姿を消してしまいました。

キビタキ

8月10日 エナガ

8月10日 エナガ


お盆。
この時期仕事が立て込んで、なかなか探鳥に行けず。
今日、やっと山に入ることが出来ました。

さぁ、センダイムシクイを探すぞ!!
セオリー通り、メジロやエナガ、シジュウカラなどの群れを探して・・・。

結果、時折大きな群れは来るものの、混群個体は見つけられず。
仕方ないので、そのエナガを撮ってみました。

エナガ1

エナガ2

エナガ3

エナガ4

エナガ5

8月4日 ホトトギス

8月4日 ホトトギス

今年、長梅雨で、その姿を真面に捉える事が出来なかったホトトギス。
梅雨明けしても、なかなか青空が望めなかった南伊豆。
今日、本当に久しぶりに待ち望んだ、朝からの青空。

昨日のリベンジで、センダイムシクイの真面な画を狙って・・・。
結果不発で、とぼとぼ林道を下っていると、突然横の森中から大柄の鳥が飛び出て、少し離れた木の枝に止まりました。

でも、今度はお日様の向きが悪い。
逆光です。
バック曇天の逆光とは違い、今日は日差しが強かったため、余計に逆光気味になってしまいました。

この鳥、なかなか真面にその姿を撮らせてくれません。
早くしないと、また来年になってしまいます。

ホトトギス1

ホトトギス2

ホトトギス3

ホトトギス4

ホトトギス5

8月3日 センダイムシクイ

8月3日 センダイムシクイ

閑散とした森の中で、今日センダイムシクイが姿を現しました。
夏の定番。
昨年こそ9月6日の確認でしたが、一昨年は8月10日。
8月初旬には姿を現す筈と待っていました。

特徴的な下尾筒の黄色と、2枚目にかろうじて写り込む頭央線の影。
判断材料にしました。
でも、背面の薄緑具合は??ですが・・・。

兎に角、お尻中心でボケボケなのですが、今季初見なのでご容赦ください。

センダイムシクイ1

センダイムシクイ2

センダイムシクイ3

センダイムシクイ4
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです