FC2ブログ

11月5日 スズガモ

11月5日 初見スズガモ

青野川探鳥時、初めて出会いました。
既にコガモ、マガモ、オオバンも渡来していて冬の様相を呈してきました。

ただし、それら常連さん達が複数羽の群れで居るのに対して一人ぼっち・・・
辺りを探しましたがやはり独り。

セイタカシギ同様、群れに染まらず独り漂う姿に空しさを感じてしまいました。

スズガモ1

スズガモ2

スズガモ3


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>海牛さん、こんにちは。
コメント頂きありがとうございます。
静岡駿府での探鳥との事、うれしい限りです。
また、スズガモのご指摘も参考になり有難うございます。

このスズガモですが、私も最初はコスズガモと思っていたのですが、以下の指摘がありスズガモとの最終判断に至った経緯がございます。
1、後頭部を中心に緑色の光沢がある。(この写真では分かりませんが・・・)
2、頭部が丸く、頬の部分が膨らんで見えない。
但し、仰る通り嘴先端の黒色部が狭く小さいように見えるため、教えを頂いた方も疑問符を投げていました。

最終的には、紫ではなく緑の頭部光沢と丸み、及び頬の膨らみ具合を優先とした消去法での判断でした。
この判断が間違っている可能性も多分に有ると思います。

ご指摘頂いた事を参考にして、再度検証してみたいと思います。
有難うございました。

とにかく類似の鳥の識別は難しく、意見も様々あり判断に窮する事が多くありますね。
特に色や大きさなどは、その時の光の加減や角度などで変わってみえる事から、間違えた判断になりがちです。
この冬もアカハラとオオアカハラ、クロハラアジサシとハジロクロハラアジサシの沼アジサシ類の識別判断で、あーだこーだと鳥仲間と議論を致しました。

今後もご教授の程、宜しくお願い致します。



こんばんは。はじめまして。
> 海牛というハンドルネームで駿府で野鳥を観察しています。
> こちらのブログは偶にのぞかせて頂いています。
> 私は、元は伊東市に住んでいましたが、現在は県の中央部分に住んでおります。
>
> コメントをお便りしましたのは、冬にこの掲載を拝見しまして、このカモは「コスズガモ」ではないかと思いました。
> コメントを差し上げるのも、差し出がましい気もしましたので様子を見ておりました。
> ですが、投稿に進展というか変化が見られない様でしたので、コメントしました。
>
> 頭部の光沢がお分かりになる写真はありますでしょうか?
> 光沢が紫色ならば、ほぼそうではないかと思います。
> 他に、嘴先の黒斑がかなり細い特徴があります
> 掲載画像を見ると細い様に見えます。
> 正面写真もありましたらご確認してみてください。
>
> では。
プロフィール

南伊豆鳥撮りオヤジ

Author:南伊豆鳥撮りオヤジ
静岡県南伊豆在住で、趣味で山の野鳥を専門に撮っています。
基本的に自宅前の林道を定点観察場所として、生息種とその季節的消長を観察しています。従って河川・海への探鳥は現在基本的には行っておりません。
山の観察結果をまとめた後、順次河川・海での探鳥を行いたいと思っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問ありがとうございます
静岡県南伊豆の野鳥を中心とした動物達の紹介サイトです